「数学セミナー」に詰将棋が載っています

先日気がついたのですが、2017年4月以降の「数学セミナー」誌に詰将棋が載っています。タイトルは「詰将棋の世界ーー古くて新しいパズル」。著者は広島市立大学大学院情報化学研究科の斎藤夏雄氏。

同氏のことをWebで調べると、詰将棋歴は長いようで、詰めパラや将棋世界に作品が載ったこともあるようです。道理で詰将棋が好きなはずです。同セミナー誌では、詰将棋とは何かという基本的なことから、詰めパラに載った短手数(3手、5手)の作品の紹介と解説があり、詰将棋ファンなら面白く読めると思います。久しぶりにこの雑誌を読みました。

スポンサーサイト

テーマ: 将棋 | ジャンル: ゲーム

ノーベル文学賞受賞を拒否した二人 | Home | 旅するユーロ2ndシーズンは、イタリア語とスペイン語が面白い!

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ