一般相対性理論の本格的な本を借りてきました

昨日の本を借りたあと、もう少し本格的な本はどうだろうと思って調べると、内山龍雄氏の本がいいとのこと。ということで、図書館で借りてきました。



今は復刊されていて上記の表紙になってますが、借りてきたのは昔の表紙です。本は違いますが下記のような表紙のものです。



さすがにこれは本格的。それでも読みやすい方かもしれませんが、読む側のレベルが低いこともあってか、昨日の本よりははるかに難しい。裳華房の物理学選書の一冊で、物理専攻でない私にはなじみはありませんが、同出版社の数学選書のレベルを知っているので、それから想像すると難しいはずです。

読み進めてみて感じたのは、ベクトル解析の知識が危ういこと。数学専攻ではあまりベクトル解析を本格的にやらないせいかもしれません。抽象的なベクトル解析(微分形式やその上の積分など)はやりましたが。ベクトル解析の勉強のやり直しです。この本は一旦返しましょうかね。

スポンサーサイト

テーマ: 自然科学 | ジャンル: 学問・文化・芸術

「宇宙女子」を借りてきました | Home | 一般相対性理論のわかりやすい本を借りてきました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ