Sophos XG Firewall Home Editionを使ってみた

会社にUTMを導入する前提として無料試用版があればと思い、Web検索したところ、Endian Firewallというのが見つかりました。こちらからダウンロードできます。エディションとして、無料のEndian Firewall Communityと、有料のEndian UTM Professionalがあります。集中管理は絶対条件なので、前者のエディションはダメ。とすると後者ということになりますが、なんといってもこの製品、それほど名が売れていないため、設定や使い方などの日本語サイトがなさそうです。ということで、別製品を探したところ見つけたのがSophosの製品。家庭用だとSophos XG Firewall Home Editionというのがありました。無料の上、集中管理もできます。まずはこれを家で使ってみて評価しようと思いました。

Sophos XG Firewall Home Editionはこちらからダウンロードできます。ダウンロードにはユーザ登録が必要です。Home Editionというのに、会社名まで聞いてきます。ダウンロードされるのは、CentOSベースのISOイメージで、インストールはこのISOイメージからOSごとインストールすることになるので、HDDを初期化していいPCか、または仮想マシンとしてインストールすることになります。私は前者にしました。使っていない古いPCにインストールを試みたところ、x86マシンなのでダメといったエラーが出ます。64bitマシンでないとダメなようです。これはEndian Firewall Communityも同じでした。

インストール手順はこちらが非常に詳しい。このサイトがあったから、Sophos XG Firewall Home Editionにしたといっても過言ではありません。

今のところは標準の設定のままです。これからいろいろと探っていきます。

スポンサーサイト

テーマ: セキュリティ | ジャンル: コンピュータ

Varnishをやってみました | Home | Windows10になってしまった!

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ