robocopyは使えそうだ

昨日、お客様のところでサーバの設定をしていて、あるアプリケーションのDBデータバックアップができていないことに気がつきました。原因はNAS側の空きがなくなってしまっていたため。NASにコピーする際に、ローカル側フォルダとミラーリングすればいいことはすぐにわかりましたが、お客様のサーバにBunBackupなどのバックアップソフトをインストールするのは、少しためらいがあります。できればソフトをインストールせずにWindowsが元々持っている機能だけでミラーリングしたいものです。

Web検索すると、robocopyというプログラムがあるとのこと。Windows XPやWindows Server 2003にはrobocopyが入っていませんが、Windows 7やWindows Server 2008には初めから入っています。使い方はこちらのサイトがわかりやすい。

robocopy C:\hoge \\nas\backupdata /MIR


とすればミラーリングできます。これは簡単。コマンドオプションも豊富で、/MONや/MOTを使うと、コピー元の監視までできるらしい。Microsoftがこんなことまで実現しているとは!

新しいWindowsリリースといえば、ついつい見た目の変化やGUIの追加機能などの派手な内容が話題になりますが、こういったサーバ管理者向けの地味な改良もなされていることはもっと評価されてもいいと思います。

スポンサーサイト

テーマ: Windows | ジャンル: コンピュータ

ビジネスマネジャー検定試験のまとめーその9 | Home | UTMいるかなぁ...

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ