UTMいるかなぁ...

昨日お客様から「○○というアプリケーションがありません」というエラーが出るとの連絡を受けました。先日のNortonの件があるので、もしやそのせいではということでお客様にアンチウイルスソフトの種類を聞いたところ、「うちは△△という機械一つでやっている」とのこと。型名をWebで調べると、どうやらUTMのようです。

このUTMのメーカーサイトを見ると、3〜4ページ程度のカタログはあるものの、設定マニュアルらしいものが見当たりません。アプリケーションが削除された原因がそのUTMであったとしても、例外扱いする設定がわかりません。お客様の事務所には機器マニュアル込でUTMが納品されたのでしょうけど、失礼ながらお客様の知識では「マニュアルを見て設定してください」とお願いするのは無理だと思いました。とりあえずアプリケーションの再インストールをやっていただきました。正常に起動し、アプリケーションがすぐには削除されなかったので、しばらくは様子見ということで対応終了としました。

このお客様、うちの会社よりはるかに人数が少ないのに、うちで入れていないUTMを入れているとはすごい。まあUTMの必要性と社員の人数とは関係ないでしょうけど。うちではファイアウォール機器のリプレースの時に、UTMが必要かどうかの検討はしましたが、今まで入れてなかったこともあるし、費用面も考えて入れるのを止めました。

何かあってからでは遅いので、いずれはUTMの導入を検討する必要があるでしょう。しかしメーカーが教えてくれないUTMの「泣き所」というサイトの通り、導入したらしたで面倒なことも起きそうです。耐障害性を考えると予備機を準備すればいいでしょうが、コストが2倍になる。困ったところです。

スポンサーサイト

テーマ: セキュリティ | ジャンル: コンピュータ

robocopyは使えそうだ | Home | 7-zipの解凍をコマンドラインで実行

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ