ビジネスマネジャー検定試験のまとめーその5

第2部第1章「マネジャー自身のマネジメント」の「自己のストレスの管理」

ストレスに対処するための行動をコーピングといいます。それには大別して2つの種類があります。

1.問題焦点型コーピング

ストレス要因を除去する方法。たとえば大量の処理を必要とする仕事があれば誰かに助けてもらう、受けた刺激をいやだと思わないなど。

2.情動焦点型コーピング

リラックスに努める、体を動かして心身のリフレッシュを図るなど。

スポンサーサイト

テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

ビジネスマネジャー検定試験のまとめーその6 | Home | 現代は極度に専門特化された時代ーすべての分野に精通するのは困難

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ