Sphinx雑感

Sphinxのハンズオンセミナーへ行って、いい体験ができました。ただ、ふと気がついたことがありました。それはこのツールの主眼がHTML出力であること。PDFやePubなどへの出力も可能ということですが、PDFやePubへの出力はデフォルトではできません。セミナーでの説明ももっぱらHTML出力でした。

私の仕事ではHTML文書を書くことはまれ。というかほとんどありません。大抵のドキュメントはPDFにすればいいので、オフィスツール(MS Officeというわけではない)を使って、CubePDFなどのPDF生成ツールを使えばそれでOK。PDFとHTML両方に出力することがあればSphinxの出番はありますが、今のところはない。したがってSphinxを使わなくても済むというわけ。

ただこういうツールがあって、その普及に努力している人がいることを知ったことは有益でした。

スポンサーサイト

テーマ: ソフトウェア | ジャンル: コンピュータ

ビジネスマネジャー検定試験のまとめーその4 | Home | 「Nginxポケットリファレンス」という本が出た

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ