Sphinxのセミナーに行ってきました

昨日、Sphinxのセミナーに行ってきました。Sphinxというのは、美しいドキュメントを簡単に生成することができるツール。Georg Brandlというドイツ人が最初に開発したものです。IT関連の仕事をしているとドキュメントを書くことが多い。Wordなどのオフィスツールで作成してPDFにするだけであればいいのですが、場合によってはWebに載せるためにHTMLでも書かないといけない。しかし二度同じことは書きたくない。"書きたくない"という言葉を誤解されては困るのですが(面倒くさいという意味ではない)、メンテナンスが発生した時に二度手を入れないといけない、そうすると直し間違いも出てくるだろうし、なんといっても時間が余計にかかる。多くの場合ドキュメント作成にそんなに多くの時間を費やせないのが現状。ドキュメントも立派な成果物なのですが、時として「システムのおまけ」的な認識のされ方もあって、ますます時間を費やせない。そこで効率的に作成しようというのが、このSphinx。テキストベースでドキュメントを作成しておいて、それをHTML、PDF、ePubなどに変換できるという優れもの。"Write once, Publish anywhere"とでも言うのでしょうか。

私がSphinxを知ったきっかけは、FirebirdというデータベースのサイトでSphinxという全文検索のツールへのリンクがあったこと。早速SphinxをGoogle検索すると、出てきたのはドキュメント生成ツールの方のSphinx。こちらの方が情報が多かったことと、全文検索より面白そうだったので興味を持ちました。

さて、セミナーではハンズオンを行うので、SphinxをインストールしたノートPCの持参という前提条件がありました。日々の仕事でインストールの時間が取れず、インストールを始めたのがセミナー当日の朝7時過ぎ。MacBook Airにインストールしたのですが、xcodeはいるわ、MacPortsはいるわ、しかもこの手の作業をMacでするのに慣れてないこともあり、結構悪戦苦闘。今まで開発環境を整えていなかったツケがこの時になって回ってきた感じ。インストールが完了したのが9時40分。急いでWebで参加申し込みして(午前10時が申し込み期限)、外出。セミナー会場が結構わかりにくく、近辺に着いてから迷いながらも何とか到着。ギリギリでした。

講義と演習、その合間にLT(ライトニング・トーク)もあり、充実した内容でした。講義やLTで印象に残ったことをメモしておいたので、紹介しておきます。

1.専用エディタなどの環境がないので、普及が難しい。

 WYSIWYGツールなどがあればいいが、誰も作ろうとしない。変更した箇所をリアルタイムに書き換えるという処理が困難なせいもある。

2.文章力が要求される。文章力に乏しい人が書くと、それがあからさまに露呈してしまうので、人によっては使いたがらない。

 WordやExcelではレイアウト込みの画面なので、多少文章力がなくてもそれなりに見えてしまう。特にExcelで罫線や図を多用すると、それだけで見た目が立派なドキュメントになる。Sphinxでは入力する画面(普通のエディタでしょうか)でレイアウトが直接見えないため、もろ文章力で良し悪しが決まる。ごまかしがきかない。

 話は脱線するが、ピアノの実技試験で「ペダルを使わないこと」という条件が課せられる場合がある。ペダルを使うと多少ヘタでも残響のためそれなりに聞こえてしまう。本当のテクニックや音楽性を見極めるため、あえてペダルを使用させないらしい。上記のLTの内容を聞いて、このことを連想してしまった。

3.語句のゆれ調整

 ある時は「である調」、ある時は「ですます調」といった語調のゆれ、または「サーバ」、「サーバー」などの語句のゆれをどう解消するか?専用エディタがないため、ゆれ調整機能を使う目的で、例えばWordで原文を書いてそれをテキストにするなどの工夫が必要かも。

4.rst2pdfはPDF出力しかできないが、PandocはPDF以外にWordにも出力できる。

 SphinxでPDF出力といえば、rst2pdf。しかしPDFで提出(納品)しても、修正するためか後で求められることが多いのはWordなどのMS Office文書。なので、Word出力ができるツールが必要。

他に印象に残ったことといえば、Macの利用者が多かったこと。数えると、Mac10人、それ以外(たぶんWindows)3人だった。Macでの開発(特にWeb開発か?)が主流になってきたのかな。以前サイボウズのセミナーへ行った時も、サイボウズの方の大半がMacだった。Macの方がおしゃれだし...

スポンサーサイト

テーマ: 日記・日誌 | ジャンル: コンピュータ

IE11でJSONを使うには | Home | ビジネスマネジャー検定試験のまとめーその3

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ