LiteSpeedなるWebサーバ

マイナビ・ニュースで、LiteSpeedなるWebサーバを知りました。Apacheの入れ替え対象として、現在シェアが伸びているそうです。

少し前までは、Apacheの入れ替え対象としてNginxがよく使われていました。軽くて速いというのが一番の理由です。ただ、Apacheのすべての機能を置き換えられるわけではなく、また設定ファイルも全く異なるので、簡単に入れ替えられるかというとそうではありません。このLiteSpeedの特徴は、処理能力がApacheより優れているのはもちろんのことですが、Apacheの設定ファイルがそのまま使えるのが強み。しかもHTTP/2を完全サポートした最初の製品ということもあり、注目されています。

さて、自社サーバをLiteSpeedで置き換えることができるかどうかは、これから検討していきます。一度やってみたいものです。

スポンサーサイト

テーマ: サーバ | ジャンル: コンピュータ

ドストエフスキー「悪霊」のフランス語部分について | Home | 野崎歓「翻訳教育」を借りてきた

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ