大阪から柏崎に行くのに、大阪では切符がうまく買えない

大阪から新潟県の柏崎市に行くことになり、早速ジョルダンで経路を調べてみました。経路検索サイトはGoogleよりジョルダンが気に入っています。空路は結構面倒。新潟空港から柏崎へのアクセス(乗り継ぎ)が悪い。とすると陸路ですが、こんなルートが出てきました。

大阪→金沢   サンダーバード(在来線特急)
金沢→上越妙高 はくたか(北陸新幹線)
上越妙高→柏崎 しらゆき(在来線特急)


運賃(特急料金込)は13,840円、所要時間は5時間20分あまり。でも乗り換えは2回なのでまあ楽な方かな。しかしみどりの窓口に行ってみると、大阪ー柏崎は東京経由と言われました。私がキョトンとしていると、係員から説明があって、「新幹線で東京まで行って、そこから北陸新幹線で...」とのこと。所要時間は同じくらいです。ただ2万円超かかります。サンダーバードで行くことを考えていたと告げると、「それだと途中までしか行けません。石川・富山は第3セクターになりますから」。確かに今はIRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道というものに変わっています。経路検索サイトでは行けるはずのに、なぜ窓口ではダメなのか?係員は知らないのではないか?そういえば若い子だったし。

じゃあ駅の券売機はどうか?大阪駅でやってみました。やり方が悪かったのかもしれませんが、金沢方面へは金沢までの切符しか買えません。在来線特急と新幹線を乗り継ぐ時の買い方が難しい。たぶんここで係員にヘルプを求めると「東京経由になります」と言われるだろうから、聞きませんでした。もう面倒なので、とりあえず大阪から金沢までのサンダーバードの券を買って、その先は金沢駅で買うことにしました。それならできるだろうと。

金沢駅では柏崎までの切符が簡単に買えました。とりあえず行くことはできたので、一応よしとします。

北陸新幹線ができて面倒になりました。喜んでいるのは金沢の人と東京の人だけではないか。富山の人は前にも書いたように、不便を感じているらしいですし、Web情報には第3セクターの経路は青春18切符が使えないので、愛用者にはこれまた不便。

北陸新幹線はWeb情報でもあまりいい評判を聞きません。いったい誰のための新幹線なのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

MuninをUbuntu Server 14.04でやってみるか... | Home | Linuxで画面分割できるterminator

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ